コールセンターシステム

コールセンターシステムのプレディクティブダイヤルの自動制御機能(2)

コールセンターシステムのプレディクティブダイヤルの自動制御機能(2)

(公開: 2019年8月 2日 (金)

コールセンターシステムでは仮に50名のアポインターがアウトバウンドを行っており平均10秒以下でアポインターに接続させるためには、それぞれ1名に対して複数回線の割当てを行うのが効果的となる事が予想されます。しかしながらこれは同時に大量の発信を行ない、大量のリストを消費する事を指します。接続率が低い時間帯に発信していた場合、アポインターひとり一人に10秒以下の接続を担保するために大量の発信を行ない、1件接続できれば他の接続は全て切断するのが1nの複数回線割当てとなります。

コールセンターシステムのシステム上は10秒以下の接続を担保することが命題となるため、大量の放棄呼を発生させる点は考慮せざるを得なくなります。


コールセンターシステムなら実績豊富なオープンコムにご相談下さい!